1. ホーム

アオスのおばさん

アオスのおばさん1

ある女性(以下A)が大きな旅館に勤めていた。

Aは仕事ができ、何人かの新人を教育していた。
その中に背の高い男性がいた(以下B)。
BはAの指示をよく聞き、謙虚で真面目な従業員に育っていった。

数か月~数年がたち、仕事を効率よくこなせるようになったBは、後輩に仕事を教える立場になっていた。
先輩として指導していくうち、次第に謙虚さを忘れ、Aへの接し方も横柄になっていった。すれ違っても無視するようにさえなった。
BはAをライバル視するようになっていた。

ある日、旅館の一角でAとBが遭遇した。どちらともなく嫌味を言い合い、火花が飛び散っていた時、アオス(AOS)のおばさんが現れた。彼女はこの旅館の経営者だった。
アオスのおばさんは喧嘩している二人に向かって、私から見ればどちらも雇い人に過ぎない。低次元で無意味な争いだと冷たく言い放った。

 

 

アオスのおばさん2

私は山奥の旅館に向かって車を走らせていた。時刻は15時を過ぎ、日が落ちる前に着きたかったのでかなり急いでいた。ぬかるんだ道なき道を越え、車体をガタガタ弾ませながら登って行った。
18時頃旅館に到着した。アオスのおばさんがいるはずだったが旅館には誰一人いない。私は旅館にスマホから電話をかけた。旅館内から呼び出し音は聞こえなかったが、1コール目ですぐに切れてしまった。何度か試していると、やっと相手が出たが、アオスのおばさんではなく私の叔母だった。

「〇〇が寝ているから電話は困るから切っているのに、何の用なの」叔母は不機嫌そうに言った。
「おばあちゃんが出るかなと思ってかけました。すみませんでした」電話の向こうで叔母が驚いているのがわかった。祖母は数年前に亡くなっているからだ。私も自分がなぜそんなことをいったのかわからないまま、すぐに電話を切った。

叔母の声は祖母の声にそっくりだ。母娘なのだから当然だ。なぜ今まで思い至らなかったのだろう。祖母の声を聞きたければ叔母に電話をすればいいのだ。これからはそうしよう、と思った。

おばあちゃんの声=叔母さんの声。
今まで一度も考えたことがなく、叔母さんの声を聞いても気づいたこともないのに、夢の中で初めて気が付きました。おばあちゃんと叔母さんが親子だってことに。これには本当にビックリ。似てるなんて思ったこともないのに。むしろ叔母さんの声実際にはおばあちゃんとあまり似てないし。もっと年を取ったら似るのかもしれないけど。

そしてアオスのおばさんて一体何のことでしょう(笑)
夢先案内人・・・?

シェアをお願いします。

山中の屋敷

私 たぶん男 10代後半
松〇
松〇の息子 2歳
松〇の側近数名
敵 数十名

松〇は地位のある侍だった。
この度、多額の金を受け取る代わり、●●を説得して手を引かせる任務を引き受けた。
その結果、●●は松〇の話を素直に受け入れたということだ。
あまりにことがうまく運び、同じ仕事を依頼されて失敗した者たちの恨みを買った松〇は身の危険を感じ、任務完了の翌日に息子を連れて逃亡する計画を立てた。
用意した馬と荷物は、今回受け取った多額の金でかなり嵩み、非常に目立つ姿であった。
松〇が逃亡するだろうと踏んでいた襲撃者たちは、彼が早朝、自分の屋敷を出て山道へ入るまであとをつけ、そこで襲い掛かった。
私は松〇の腕の立つのは知っていたが、敵は多すぎおそらく負けるだろうと予想していた。そうなれば息子だけでも助け出そうと、私と松〇の側近たちは距離を置いて同行していた。
松〇は果敢に戦ったが、数名の敵を倒したのち倒れ込んだ。
私は松〇の息子の手を引き走り出した。途中から背負って山を駆け上り、知り合いの屋敷へ逃げ込んだ。

屋敷の廊下のつきあたりには大きな配管があって、斜め上に傾けられたその先はつねに火が焚かれていた。暖房設備のようだ。
子供は特に近づいてはいけないと日ごろ厳しく言われている場所だ。
私は迷わずそこへ松〇の息子と入った。
子供は「入ってはいけないんだよ」と言ってぐずった。私は「今日だけはいいんだよ。おゆるしをもらっているよ」と宥め、先に子供を入れた。
配管は入口と中間部と奥の火が燃え盛る部分と三つに分かれていた。私と松〇の息子は中間部に身を潜めたが、配管の上半分が透明になっており、外から隠れていることがわからないようにするためには体を横たえる必要があった。私と子供は仰向けに寝そべった。配管は狭く短く、膝を立てないように寝そべるのはかなり苦しい体制だった。
追手が配管を調べようと入口に入ってきたのが分かった。私は松〇の息子が見つかるのを悟り、彼を奥の炎が燃え盛る部分に押し込んだ。
幼い子供はしばらくは耐えたが、すぐに熱いと泣きだしたので、私は彼を再び中間部へひき出した。
追手Aは私が足でふさいでいた入口から中間部の穴をみつけ、私と子供を見つけた。
その時。
松〇の息子は追手に微笑みかけた。
追手Aは気の抜けたような表情で、「・・・ここには誰もいない」と仲間に告げ、配管から離れていった。
追手Aの他にも配管の周りには数名待機していたが、皆その言葉を聞いて配管から遠ざかっていった。

シェアをお願いします。

謎の女、コマキ、トイレ

私 20~30代 女 営業職
同僚 同世代男 営業職
私の夫?婚約者? 30代男
謎の女 黒髪ロング
コマキ 知人女性 妖しげな雰囲気の美女 10代後半~20代

同僚と海外出張が決まった。

仕事の打ち合わせを終え、出張準備をしていると、夫が疑惑の目(不倫しているのではないか等)を向けてくるのに気が付いた。
実際、私は同僚に好意を持っていたし、同僚もまた私を落とそうとしていた。夫の目は確かだ。
現地(海外)に着くと夫が車でこちらに気付かれないように見ていた。仕事には差し支えないが監視されているのが不快で、私と同僚は夫を撒くように移動した。

仕事先のある建物に入りコインロッカーを利用した。
そのフロアに女子トイレがあったので、そこで夫の動きを見るため個室へ入ろうと向かった。そこで知人女性コマキに呼び止められた。
なにか私に忠告したいらしいが、今はまず身を隠すことが先だということで、二人ともトイレに入った。

するとそこへ謎の女も入ってきた。私

はその女が非常に危険だということを知っていた。
女は私の隣の個室を利用した。トイレには全部で5つほどの個室があり、私とコマキと謎の女、他の個室にはコマキの知り合いが入っていて、全員トイレに用事はなく個室利用はフェイクだった。あえて水を流し通常利用者のふりをした。

個室の壁側に大きな鏡があり、隣の様子がわずかに見えるような設計になっていた。謎の女の様子をうかがうと、彼女はすべての個室から出てくる女性を一人ずつ凝視しているようだった。
あまり長く入っていると怪しまれると思い、私も個室を出ようとすると、謎の女もほぼ同時にドアを開けたため、焦った私は手も洗わずにトイレを飛び出してしまった。
個室の中で変装のため着替えを済ませていた私は、両手に脱いだ服を抱えていた。それを男子トイレの管理人のような人に預けて保管を頼んだ。
結局コマキに話も聞けないまま同僚と合流し、コインロッカーの裏に身を隠しながら状況説明をした。

 

 

意味不明過ぎる夢でしたが、なかなか冒険感はありました。続きが見たい気持ちが結構あって二度寝したぐらい(笑)
隣がのぞけるトイレとかほんとにあったらまずいですね・・・。
コインロッカーがあるのになんで着替えた服を男子トイレの人に預けるのかwコマキってだれーーー?そんな名前知人にもいないし本やネットでも見てません。
謎の女はかなりストーカー的な匂いがしました。夫(?)も同様。同僚はイケメンでした!漫画みたいな二次元ぽい顔だった気がします。最近漫画やアニメも見てないんですけどね。
ほんと、変な夢でした。

シェアをお願いします。

毒を作っていた

修学旅行で泊まったホテル。

ある生徒がトイレからなかなか出てこない。先生(男)が心配して、というより怪しんで、気を遣いながらも女子トイレの個室ドアをこじあけると、生徒は紫がかった液体の入った大きな瓶を抱えていた。

先生はすぐに毒を作っていると判断し、瓶を取り上げようとしたが躱され、生徒は私の友人にすばやく瓶の中身を飲ませた。
友人は了承済みだったようで、抵抗なく飲んでしまった。

私たちは慌てて彼女に口をゆすぐように言い、同時に毒の瓶を持ったままの生徒を追った。
頭から黒いマントを羽織り、性別もわからない。先生がマントをつかみ引き剥がした。その下から現れたのは、土気色の顔に表情のない、色とりどりの宝石で着飾った中年女性だった。

毒を飲んでしまった友人は泣きながら口をゆすいだが、特に体調に変化はないようだった。作っている時に邪魔したため、幸い毒が未完成だったのかもしれない。

その後多くの生徒たちは徒歩で海へ向かった。太陽が高く上り、眩しさと暑さで私の足取りは重くなった。多くの生徒が私を追い越していった。歩調を合わせてくれた友人とどうにか海へたどり着き、海辺のプールへ入っていった。

プールへ着くと友人は途端にそわそわし、すぐにでもプールへ入りたい様子を見せたため、先に行っていて構わないと伝えた。その言葉もまだ言い終わらないうちにもう友人はプールへ飛び込んだ(既に水着に着替えていた)。

私は泳げないため、一応水着に着替えはするけれどどうしたものかと考えていた。
更衣室が見つからないのでトイレで着替えることにした。
トイレは非常に狭く不潔で、しかも前の個室利用者が水を流さないまま出てきたようだった。しかし他に場所がないので仕方ない。
私が個室に入ると他の生徒の一人も一緒に入ってしまった。着替えるためだけなのだから構わないと思ったらしい。元々狭い個室はさらに狭く、押し合いへし合いなんとか水着に着替えて個室を出た。一緒に入っていた生徒はいざ出るときになってトイレの不潔さに気づき、悲鳴を上げた。

プールは海水を使っていた。屋根はなく壁もなく、すぐそばが海なので海に入っているのと変わらない。
深く広いプールが一つ、浅い子供向けのプールが一つあった。私はまずシャワーでトイレの汚れを落とし(トイレには裸足で入っていた)浅いプールに入ることにした。ここまで一緒に歩いてきてくれた友人は、深いプールでサメのようにひたすら泳いでいた。

シェアをお願いします。

私  おそらく男
少女 妖精のような感じ

私たちは固く抱擁していた。

少女の水色がかった長い髪を感じながら、彼女を絶対に離すまいとより一層、しっかりと腕の中に抱きしめていた。

そこは高さが2.5メートルほどの瓶の中で、少し斜めに傾いており、瓶の周囲はみずみずしい緑と、青く澄み渡った空が一面に広がっていた。

少女が少しずつ変化していき、私は少女と逆転した。

次に気づいた時私が少女で、視点は遠くから少女ともう一人を見守る位置にあった。
瓶の中の私(少女)はやがて一粒の種になった。それと同時に私の意識が今ある場所(遠くから瓶の二人を見守っている位置)に芽吹くのを感じた。大地に根付いており、これから大きな木に育ってゆく感覚だ。
種になった私と今も瓶の中にいる人は、私がここで息づいていることを知っているのだろうか。

シェアをお願いします。

医療現場

私  看護師
医師
他の看護師 2名

私はとある医療現場の一看護師として働いていた。

そのチームはひとりの医師と3人の看護師で構成されていたが、スケジュール管理がうまくいかず医師はあまりの多忙さに発狂寸前で、いつも現場は怒鳴り合いだった。

ある時限界を感じた医師は看護師の一人をどなりつけて突き飛ばしたうえ、白衣を脱いで床に叩きつけ、「松〇君を呼んでくれ。それ以外ではもう私は動かない」と言った。
松〇君とは医師が以前に組んでいたスケジュール管理のプロフェッショナルで、高名な看護師である。

私は医師の提案のあまりの奇抜さ(松〇君はどこも引っ張りだこで、向こう数か月は予定など組める状態ではないはずだった)と、彼がタイミングよくこの場に現れたことに驚き、口をあんぐりとあけた。

「▲▲先生!お久しぶりです、お取込み中でしたでしょうか」松〇君はあたりの荒れた様子をすばやく見て取り、そういった。
医師はこれ幸いと松〇君に泣きついた。その場で快諾してもらい、早速新しいスケジュールが組まれた。

 

最近読んだ医療サスペンスの影響を受けた夢かな。都会の救命センターのような多忙さ(実際の救命センターの現場は私は知らないですが)でした。
また、お医者さんのスケジュール管理を看護師が担当するのかどうかも知らないし、最近読んだ本にもその辺は書かれていませんでした。

シェアをお願いします。

蝋の像

 

わたしたちは蝋で出来た小さな像を守っていた。

それはいくつかあり、私と複数の人が脅威から守っていた。敷地内に分けて隠してあった。そのうちの一つは私の担当だった。

部外者の侵入が確認された。その者(性別不明)は一直線に私の担当の蝋の像に向かってきた。隠し場所を知っているようだった。

私はそいつを止めようと飛びかかったが、ひどく暴れて抵抗された。
その時、体術を心得た応援が来て、侵入者の首を足で締め上げて抵抗力を奪い事なきを得た。

暴れていた侵入者は、捕まるとおとなしくなり、像を欲しがった事情を笑顔で語りはじめた。

 

シェアをお願いします。

2018年6月30日の夢

 

私には大学のサークルの仲間たちのような、仲のいい友人たちがいた(先輩・同期・後輩)。

いつもあつまる場所(戸建ての二階の一部屋。誰かの家かも)にいつものように行ったある日、仲が良かった友人たちが突然敵意を向けてきた。
泣いている人、怒りを抑えきれず真っ赤な顔で黙って睨んでくる人、顔を隠したままうなだれている人。

友人たちの一人(A)を私が裏切ったらしい。証拠のメール、手紙(書いた時に2枚目に筆圧で写っていたのを浮き出させたらしい)等押さえられ、糾弾された。

その中の一人(後輩B)に事情を聞く&無実を証明しようとしたら、途中までは聞いてもらえたが、「私も誑かそうというのか」とキツネそっくりの鋭い眼光で睨まれた。

確かに私はその後輩Bを、こちらの味方につけるために信用を得ようとしていた。
後輩Bには翌日昼12時に指定の場所に来るように約束させられた。そこで改めて証明せよとのことだ。
翌日深夜12時には別の約束もあった。私が裏切ったとされている人物、Aとの待ち合わせだ。

翌日昼より前、駅周辺の喧騒の中、合図の音が鳴り響いた。
私には守らなくてはいけない親友がおり(C)、隠れてもらっていたが、その合図の音と共にCは飛び出してきてしまった。音に驚いたのかもしれない。両腕に黒いニワトリのような鳥を抱えていた。

Cはたちまち見つかってしまい、いきなりボコボコにされてしまった。何か言いたそうに何度も声を上げるCを引っ張り、無理にその場から引き離して一緒に逃げた。地下を通って追っ手を撒き、大きなビルの一室にひとまず匿うことができた。そこは私の良く知っている場所(学校?)だった。

そのビルの他の階で知人Dに会った。店を出していて忙しそうだったので、精一杯手伝いをした。知人Dの祖母の体が不自由なので、別の場所で休んでもらうことになり、私が連れて行った。

その後、壇上に大きなスクリーンのある部屋に行き、その場にいた数名(全員知人だった)とコーヒーを飲んだ。
隣の席だった高校生Eと「コーヒーって眠気全然覚めないよね!」と盛り上がった。

知人Dの店に戻ると、裏側のスペースのソファで女性Fが休んでいた。非常に憔悴している様子だったので声をかけ、肩をほぐしましょうかと声をかけるとお願いしたいと言われたので、しばらく肩もみをした。

知人Dの祖母が気になったので様子を見に行くと、椅子に座ったが腰のコルセットが外れてしまい、ついていてくれる介助の方の話も耳に入らずにわめいていた。私が話しかけると大人しくなったので、コルセットをはめなおしてあげ、部屋を出た。

このAというのは現実で私が本当に裏切ったことのある人です。
友人たちもどことなく現実に見覚えのある人たちでした。
アルファベットをつけた人たちは全く知らない人でした。

シェアをお願いします。

蛇との死闘

私 年齢不詳
飼い猫 茶色で大きい(実際の私の飼い猫とは違いました)

ベランダから大きなへびが侵入した。

ものすごい暴れ方で、動きも早く、とてもじゃないが捕獲できない。
外に逃がしたいけれど、窓付近に近づくこともできない。
そこへ、飼い猫が飛び込んできた。
大蛇に猛然と飛び掛かり、首を捉えようとする。大蛇は大蛇で猫の体に噛みつこうとする。彼らが互角な戦いを繰り広げる中、隙を作ってもらった私はベランダの窓を大きく開けた。あとはそこへ大蛇を誘導すればいい。
私の開けた側の窓は右側で、大蛇と猫は左側で戦っていた。猫を傷つけられるのを恐れて私は蛇の首につかみかかり、一度はつかんだけれど太すぎて抜け出されてしまう。
その時応援が来て、棒状の器具で大蛇を抑えながら誘導していった。

私は大蛇に向かって「こちらです。あいております」と言いながら手のひらを上に向け、窓を指し示した。
大蛇は気づいたようにそちらに向かい、外へ出て行った。

 

へびの夢ってお金持ちになれるとか聞きますが、なんと私はベランダから追い出してしまいました(笑)
しかも、敬語で話しかけたことから察するに、偉い神様っぽい感じ。だとしたら、あのまま居て頂いたほうがよかったんじゃないかって思ったり。
夢だと自覚があったら、もうちょっとなにか考えが浮かんだかもしれないですが、なにせ大事な猫が戦ってたからそれどころではありませんでした。

もったいないことしたかなぁ~。お金が逃げちゃうよっていう警告なのかな。

シェアをお願いします。

カエルだった私

私 カエル 人間だと思っている
父・母・兄 人間

私は自分がカエルだということを忘れていた。

成人して一人暮らしを始め、数か月が経った頃、借りているアパートへ家族が訪ねてきた。
父、母、兄の三人は、部屋へ一歩入ったままそれ以上は奥へ進まない。
三人と向き合うように立ち、お互いが数秒間沈黙した後、私は深々とお辞儀をした。

お辞儀をしながら思い出していた。私が幼少から書き続けた日記帳。表紙のタイトルの真下に、大きくカエルの絵を描いていた。自画像だ。

生まれてから今までずっとカエルだった。

いつからかわからないが、長い年月が経つうち、人間だと信じ込んでいた。
カエルである自分を家族同然に扱ってくれた三人に、えも言われぬ気持が湧いてきて、私はお辞儀したままぽろぽろ涙を流していた。

 

なんと。今回の夢で私はカエルだったようです(笑)
色のイメージは緑っぽかったので、アマガエルかな。まだよかった。ガマガエルとかだったらちょっとへこみますね。いや、ガマガエルも顔は可愛いとは思うんだけど。

小さい頃アマガエルとはよく遊びました。捕まえてしばらく飼ったこともありました。色々な虫を食べるので、苦手ながらも餌集めにハチミツの空き瓶を持ち、割り箸を構えて虫取りに行ったなぁ。
いつでも必ず取れるのはやっぱり蜘蛛で、蜘蛛が一番苦手なんですけど頑張りましたよ。小さなかわいいカエル君がお腹すかせて待ってるからね。

夜だと外灯の下に必ず巣を張っていたし、ぴょんぴょん飛ぶ蜘蛛は大概どこでもいたから。でもアイツら速いので、バレないように素早く箸でつままないといけない。バレたらまず逃げられますし、飛ぶからこっちに向かって来たら怖いし・・・w

ある日長い羽根を持ったアリみたいな虫を捕まえた時、なんとなく胸騒ぎがしたんだけど、大きくて食べ甲斐がありそうだったのでカエル君にあげたら・・・食べた瞬間にパタリと倒れて急死(P´□`゚)ショックでした・・・。
あとでよく考えてみたら、どうやら蜂の仲間だったみたいです。食べる時に刺されちゃったのかも。それ以来、カエルは飼っていません。

最近では雨が降っても待ったくアマガエル見かけません。オタマジャクシが育つ場所がないんですね、きっと。水路のそばだったらいるかもしれないな。
 
昔、祖母の家の庭の大きな水瓶?の中で、沢山のオタマジャクシを孵化させたのですが、その年は蛇が増えましたw畑でよく蛇に遭遇して怖かった記憶があります。

シェアをお願いします。