1. ホーム
  2. ≫ミジカの夢

ミジカの夢

アオスのおばさん

アオスのおばさん1 ある女性(以下A)が大きな旅館に勤めていた。 Aは仕事ができ、何人かの新人を教育していた。 その中に背の高い男性がいた(以下B)。 BはAの指示をよく聞き、謙虚で真面目な従業員に育っていった。 数か月 …

山中の屋敷

私 たぶん男 10代後半 松〇 松〇の息子 2歳 松〇の側近数名 敵 数十名 松〇は地位のある侍だった。 この度、多額の金を受け取る代わり、●●を説得して手を引かせる任務を引き受けた。 その結果、●●は松〇の話を素直に受 …

謎の女、コマキ、トイレ

私 20~30代 女 営業職 同僚 同世代男 営業職 私の夫?婚約者? 30代男 謎の女 黒髪ロング コマキ 知人女性 妖しげな雰囲気の美女 10代後半~20代 同僚と海外出張が決まった。 仕事の打ち合わせを終え、出張準 …

毒を作っていた

修学旅行で泊まったホテル。 ある生徒がトイレからなかなか出てこない。先生(男)が心配して、というより怪しんで、気を遣いながらも女子トイレの個室ドアをこじあけると、生徒は紫がかった液体の入った大きな瓶を抱えていた。 先生は …

私  おそらく男 少女 妖精のような感じ 私たちは固く抱擁していた。 少女の水色がかった長い髪を感じながら、彼女を絶対に離すまいとより一層、しっかりと腕の中に抱きしめていた。 そこは高さが2.5メートルほどの瓶の中で、少 …

医療現場

私  看護師 医師 他の看護師 2名 私はとある医療現場の一看護師として働いていた。 そのチームはひとりの医師と3人の看護師で構成されていたが、スケジュール管理がうまくいかず医師はあまりの多忙さに発狂寸前で、いつも現場は …

蝋の像

  わたしたちは蝋で出来た小さな像を守っていた。 それはいくつかあり、私と複数の人が脅威から守っていた。敷地内に分けて隠してあった。そのうちの一つは私の担当だった。 部外者の侵入が確認された。その者(性別不明) …

2018年6月30日の夢

  私には大学のサークルの仲間たちのような、仲のいい友人たちがいた(先輩・同期・後輩)。 いつもあつまる場所(戸建ての二階の一部屋。誰かの家かも)にいつものように行ったある日、仲が良かった友人たちが突然敵意を向 …

蛇との死闘

私 年齢不詳 飼い猫 茶色で大きい(実際の私の飼い猫とは違いました) ベランダから大きなへびが侵入した。 ものすごい暴れ方で、動きも早く、とてもじゃないが捕獲できない。 外に逃がしたいけれど、窓付近に近づくこともできない …

カエルだった私

私 カエル 人間だと思っている 父・母・兄 人間 私は自分がカエルだということを忘れていた。 成人して一人暮らしを始め、数か月が経った頃、借りているアパートへ家族が訪ねてきた。 父、母、兄の三人は、部屋へ一歩入ったままそ …