1. ホーム
  2. ブログ
  3. ≫学校で追われる

学校で追われる

私 中学生女
男 背広 40代以上
友人(男) 大学生以上
友人たち(女) 中学生

中学校の校舎内で、私は男に追われて逃げている。
階段をものすごい勢いで降り、男の視界から外れた瞬間、一階で入り口の靴箱の陰に身を潜めた。
外は雨が降っていて、校舎入り口のすぐ前は校庭。ぬかるんだ土にしっかりと足跡が残りそうだった。
外に逃げようか迷っていると、男も降りてくる気配がした。私の友人(男)が、「上履きを脱いで靴と替えておいたほうがいい」と忠告してくれた。
すぐにそうしようと自分の名前の付いた靴箱に向かおうとするが、今履き替えるとぬくもりが残り、脱いだばかりだと気づかれてしまうかもしれないと思い、躊躇った。
そのうち男の姿が見えたのでまた急いで陰に隠れなおした。

男は靴箱を一つ一つチェックし、私の名前を探している。まだ校舎内にいるのかヒントを得るためだろう。上履きのまま外に出ていれば分かりようがないのだが。
だんだん男の気配が近付き、友人(女)たちが合図をくれて、私は別の靴箱へ移動した。男が何をしているかこちらからは見えない。上履きをさっき脱いだのかどうか、忘れてしまった。今自分が履いている靴を確認もしていないのに、上履きのことが心配で動悸が跳ね上がる。残ったぬくもりで脱いだばかりだとわかってしまったらどうしよう、近くにいることがもうバレているのかもしれない。出口は一つ、靴箱は出口に対し全て垂直に設置されているので、男が今どの位置にいたとしても出口は見えてしまう。一階は狭く、一度場所がわかってしまったら追いつかれるのは必至だ。

シェアをお願いします。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。